カメラの被写界深度を作ります

後ボケを使いオブジェクトを全て枠の中に入れてOK

これだけです

何度もレンダリングを繰り返してマテリアルを調整しアニメーションはLoopで作りAE上で繰り返しています速度変更にはTwixtorを使用

AEでは特に難しい事はしていません

今回作って見て改めて思うことはシルバーの質感は反射が命

反射用のオブジェクトを作るよりもHDRI貼るのが一番ですね


それと面倒でもひとつずつ寸法計りながら丁寧に作る事

作る前に多くのリファレンスを集める事ですね

今回はMAXONセミナーを受講した事で覚えた事が多いです。

セミナー講師の朝倉先生に改めて感謝致します。